おすすめファンド

ヘッジファンド「M&S」は怪しい?評判や投資手法を網羅

気になるM&Sの評判や口コミとは?

今回は国内のヘッジファンド「合同会社M&S」についてまとめていきます。

「M&Sの評判ってどうなの?怪しい?」

「運用成績や投資対象はどうなっている?」

私募形式で募集するヘッジファンドは積極的に情報開示をネットでしないため、それ故に「怪しい」といったネガティブな印象をな印象を持たれがちです。

今回紹介していくM&Sも同様で、情報量が少ないが為に「怖い」や「不安」といった悪いイメージを抱く方もいます。しかしよく調べてみると、M&Sはかなり情報公開もされており、口コミや評判も悪くないということに気づきました。

そこで今回は、そんなM&Sの基本情報や運用成績、そして気になる口コミや評判を公開していこうと思います。大きな資金を預けることになるヘッジファンドでは正しい情報があるかないかで大きく左右されますので、是非参考にしていただければと思います。

では早速、M&Sの基本情報について見ていきましょう!

そもそも合同会社M&Sとは?

まず初めに合同会社M&Sの基本情報について見ていきましょう。

国内の数少ないアクティビストファンドとして人気のある「合同会社M&S」は、独立系ファンドとして2016年に設立されました。

「強く意思のある投資で、世界経済にインパクトを与える」

という経営理念のもと様々な業界の専門家が集まっており、企業価値の向上を目的とした投資を行っています。

そんなM&Sは2017年10月に香港で開催された「AsiaHedge Awards 2017」のNew Fund of the Yearにノミネートされました。

AsiaHedge Awards 2017

このAsiaHedge Awards 2017は、アジアのヘッジファンドを様々なカテゴリーで賞するもので、ファンドの調査会社である「ユーリカヘッジ」による厳正な審査によって選考されます。

今回M&SがノミネートしたNew Fund of the YearにはM&S以外の日本勢はおらず、優秀な運用成績が評価されたといいます。

New Fund of the Year

ではAsiaHedge Awards 2017にもノミネートされたM&Sの運用成績とは一体どのようなものだったのでしょうか?

投資対象と運用成績を大紹介

M&Sは「日本株」をメインに投資しており、中でも割安銘柄に積極的に投資を行う「バリュー投資」に長けています。

公式サイトでも主な投資先は公表されており、「株式会社三東工業社」や「神田通信機株式会社」、そして「株式会社赤阪鐵工所」などに投資しているようです。

事業の優位性や企業の保有資産を分析した上で投資を行っているようです。さて気になる運用成績についてですが、2018年1月現在、昨年分の年間利回りは27%となっています。

運用成績

*2018年前半のトータルリターンは8.1%で着地しました。(M&S発行のレポートより)

設立された2016年はなんと45.26%を記録しており、非常に良い高い運用成績を記録しつづけていると言えますね。

他にもM&Sは「物言う株主」として議決権を行使した企業価値向上を図っており、より良いコーポレートガバナンスと株主への適切な分配を求めて積極的に議決権を行使しています。

>>運用成績の良いヘッジファンド「M&S」はこちら

評判や口コミ、利用者の声

次に、気になるM&Sの評判や口コミについて見ていこうと思います。

直接募集しているヘッジファンドと聞くとどうしても「怪しいな…」とか「詐欺じゃないの?」といったネガティブな疑問が浮かんでくるかと思います。ここではそんな疑問を解消すべく、実際に書き込まれている「合同会社M&S」の評判を紹介していきます!

まずは国内のヘッジファンドに関する口コミを多く掲載している「投資信託口コミ比較サイト」での評判をいくつか抜粋してみました。

投資信託口コミ比較サイト

投資信託口コミ比較サイト

このように実際に面談をして話してみた印象などが細かく掲載されており、このサイトによれば、「M&Sの社員さんのイメージや対応が良い」という評判が高いようです。

実際に資金を運用してもらう以上、やはり面談したときの対応や接し方にはかなり敏感になるかと思います。信頼性を見極めたうえで投資を行うヘッジファンドにおいてそこは必須ポイントですよね。

口コミを見る限り、その点はかなり高く評価されているようですので利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

もう1つ参考になるサイトが「定期預金金利比較-口コミ人気ランキング.com」です。こちらはM&S以外にも様々なファンドの評価を独自の切り口や調査の上行っているサイトです。

様々な意見がこのサイトで書かれていますが、実際にM&Sを利用している投資家がいるのも事実で、利用者からのクレームや悪い口コミが見当たらないことを踏まえると、M&Sは良いヘッジファンドではないのでしょうか?

最近でてきた誹謗中傷についてはこちらでまとめています

最新M&S情報!(7月現在)

現在「BREAKING」という炎上系の煽りサイトでも誹謗中傷が見られます。

具体的には特定の者からの質問に、このサイトの管理者が回答する形で、全体として社会的評価を貶めようとさせるもの。

金余りの上場企業相手に、様々は提案をしているM&Sですから、どこからか嫌がらせを受けているのでしょうか。

見ていると、既存の顧客からの書き込みはなく、あきらかに、信頼を落とそうとする意図をもった一部からの不自然な書き込みがほとんど。

写真をアップしたり、誹謗中傷の内容が異常に細かすぎることから、既存の投資家ではなく元「関係者」との噂もあるようです。

M&Sはホームページで下記のように身の潔白を主張していますね。

昨今、一部インターネット上で弊社の事業活動について事実無根の風評被害、誹謗中傷を目的とした記事が記載されたウェブサイトが散見されておりますが、いずれの内容も全くの事実無根であり、悪質な嫌がらせです。
弊社の事業活動は、業務運営上いかなる法令違反も存在せず、その旨の法律意見書も弁護士から受領しております。今後、継続してこのような行動をとる方(個人、団体問わず)に対しては、弁護士と相談のうえ、発信者の特定、刑法230条に規定される名誉棄損罪での刑事告訴等の対応をさせていただきます。
弊社は、現在5社の大量保有報告書を金融庁に提出しており、今後もアクティビストとして活動していく所存です。
「強く意志ある投資で、世界経済にインパクトを与える」べく、株主価値最大化を目的とした「責任ある投資」を継続し、日本のマーケット全体に貢献できるよう努めてまいります。

不当な書き込みということで刑事告訴などすすめるようですね!

こちらの進捗もあわせて報告があればまたUPします^^

ここまでのまとめ

今回は国内の人気ヘッジファンド「M&S」の基本情報や運用成績、そして口コミや評判について紹介してきました。

信頼関係が必須になるヘッジファンドにおいて、M&Sは公式サイトで自社情報の開示を積極的に行っているのでかなり信頼性は高いと言えます。また、実績のあるファンドマネージャーの情報も開示されていますので、興味がある方は一度お問い合わせしてみるのも良いですね。

>>おすすめヘッジファンド「M&S」の公式サイトはこちら

関連記事

  1. おすすめファンド

    ひふみ投信の評判や口コミ、利回りや手数料を徹底解説

    気になるひふみ投信の特徴や評判とは?今回は国内で人気の高いファ…

  2. おすすめファンド

    気になるBMキャピタルの評判や概要を徹底網羅

    国内ヘッジファンドのBMキャピタルとは?ニュース番組を見ていた…

  1. おすすめファンド

    気になるBMキャピタルの評判や概要を徹底網羅
  2. 管理人のコラム

    合同会社M&Sはホントに詐欺?中島康善や内藤昌弘などの実態
  3. ヘッジファンドの基本

    ヘッジファンドとは?メリット・デメリットやおすすめファンドを徹底解説
  4. 投資信託との違い

    ヘッジファンドと投資信託の違いとは?おすすめランキングも大公開
  5. 始め方や方法について

    ヘッジファンド投資の方法や始め方って?今から始める資産運用
PAGE TOP